トピックス

戻る
上へ
2015年06月05日

ウニの季節がやってきました!

気仙沼ではウニの開口のシーズンとなりました。

気仙沼・本吉地方では「カゼ」とも呼ばれるウニは、春から夏にかけて海の状況を見ながら漁が解禁となります。この解禁日のことを「開口」と呼び、早朝、各港から一斉に出漁した「だんべっこ(小舟)」の上から箱めがねで海底を覗き込みながら、サオ先の引っ掛けるように取る伝統的な漁法で採取されます。

気仙沼のウニはエサとなる海草の豊かな海で育っているため、実がぎっしり詰まっていて、口に入れると何とも言えないとろけるような甘さが絶品です。おすすめは、新鮮なウニを熱々のご飯にたっぷり乗せたウニ丼でしょう。何度でも食べたくなる美味しさです。ぜひ食べてみてください。

もっと見る
閉じる

ホヤぼーや プロフィール

ホヤの頭にサンマの剣、ホタテのベルトや
サメ皮のマントを身にまとい、
元気いっぱいに活躍する
気仙沼の海の王子様

性格
誰に対しても優しく、素直な性格(ちょっぴり恥ずかしがり屋)
お仕事
自然の恵豊かな気仙沼の観光や特産品をPR
趣味・特技
はまらいんや踊り・サメ乗りサーフィン
好きな食べ物
フカヒレ、カツオ、サンマなど気仙沼の美味しい食材
好きな花
ツツジ・ツバキ・ハマナス
好きな言葉
「はまらいんや」
海の仲間
「サメのリアス号」
年齢
永遠の子供

イベント情報

モデルコース

閉じる

上へ
下へ

5分後に気仙沼観光プラス!へ遷移します